夏キュウリを播種、蔓性野菜の追肥は?

春キュウリは、現在収穫のピーク。毎日7~8本の収穫

があるわけですが、これも7月後半には終息してしまい、

1番暑い8月にキュウリがないのも寂しいので、遅ればせ

ながら夏キュウリを播種しました。
画像
F1でうどんこ病抵抗種で丈夫とのことですが、7月に入ると

ウリハムシの活性が現在の倍以上になるので、完全防備

で育苗です。
画像

今日は久しぶりにスイカの交配のタイミングだったので2個ほど

授粉。
画像
雄花、雌花とも状態が良かったので、多分成功したかと…

ところでスイカにしてもキュウリにしても、この時期になると

蔓の長さが2mを越えってきます。
画像
画像
先端部に実を付けた場合、根からの栄養補給では、果実を大きく

するのは難しいのではと、勝手に解釈して、追肥は液肥を規定より

薄め、根とともに葉面に散布しています。特にウリ科は根が浅く、広く

張るため、下手に根の周りに追肥を施すと、蔓が一気に駄目になりそ

うな気がするのですが…どんなものでしょうか?


クウシンサイがピースマークで発芽しました。
画像



にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

オクラ初収穫、スイカは袋吊りに

今年は、赤オクラと普通のオクラを混合3本立で育てて

いるのですが、数日前から開花が始まったようで・・・
画像
現在は、次々と花を付けはじめ、最初の花が結実した

ので初収穫。
画像
画像
画像
1~2本収穫してもしょうがないですけどね・・・

オクラはモロヘイヤや蔓ムラサキとともに真夏の健康野菜。

夏のドロドロした血液には効果大です。


交配に成功したスイカはこの時期、グングン大きくなって

いきますが、突風で墜落することもあるので、コーナンで

見つけた収穫袋で吊りました。
画像
画像
画像
でもまともに着果してるのがまだ4つだけなんですよね。

特に梅雨時は、人工でも虫による授粉でも、その後雨が

降ると交配できていない場合も多く、4~5日に1回の開花

のピークを逃せません。明日、明後日が次のピークの予定。


特大の大玉トマトを「収穫しました。370gありました。

これは今年最大だと思います。
画像



にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

夏野菜本番、大玉トマト収穫開始

最近はキュウリが最盛期を迎え、雨が降っていなければ

出勤前に収穫に行くのが日課になっているのですが、

火曜日も月曜日の朝さぼったため、これだけ収穫。
画像
家族は河童状態です。

それでも、採り立てのキュウリの味は格別で、市販の

キュウリではこの旨味はあじわえないでしょう、と家族に

言い聞かせているわけですが、ここにきて大玉トマトが

収穫時期になりました。
画像
画像
画像

やはりトマトは大玉ですね。収穫時の充実感、食べごたえが

違います。我々が子どもの頃はミニなんてなかったしね。

昨日の収穫です。
画像

今年は大玉8株のつもりが、3株がミニだったこともあり、

大玉の収穫数も大したことにはなりませんが、夏は、

やっぱり大玉トマトですね。今日はこれだけ。
画像

今年はここ数年になく、今のところナスが好調のようです。
画像


にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

長ネギ定植

例年、この時期にネギ苗を手に入れるのですが、ここ数年は

ズボラ栽培とか適当なことばかりしていたので、今年は基本に

戻ってしっかりと栽培をしようかと・・・・
画像
深さ30㎝の溝を掘って4~5㎝間隔で苗を並べていきます。
画像
これが並べてる途中に、1本倒れて将棋倒しになったりして

けっこう腰にきます。
画像
あとは冬まで土寄せと液肥での追肥で太くしていくわけで、

白い部分が40㎝以上になれば合格なんですけどね。

過保護に被覆栽培中のエダマメですが、さすがにきれいです。
画像
わき芽がでて花芽けっこう付いてきました。
画像
画像

被覆しないで栽培する場合、この時点でカメムシが大挙

押し寄せるので、無農薬の家庭菜園では太刀打ち不能。

今年は最後まで過保護に栽培していきます。

ところで、今年はトウモロコシは栽培していないのですが、

同じ菜園でトウモロコシを栽培している方の株を観てみる

と、ちょっとした異変が。
画像

雄穂が出ているにもかかわらず背丈がやたら低く、この調子

だと雌穂は地面スレスレに出てきそうです。春先の小雨の

影響でしょうか。

トウモロコシは水をやたらに欲しがり、雄穂が出た後は、

水の量で甘さが決まるので、育てている方は、これでもか

という位、水分を与えた方がいいですよ。


にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

中玉トマト初収穫、穀物酢は効果大

雨の多い梅雨時は、夏野菜の正念場で、この時期に病気に

罹らなければお盆の前後まで順調に収穫が続くわけですが、

うちの畑では、先日ズッキーニがうどんこ病を発症。

木酢液にニンニクとトウガラシを漬け込み、それに穀物酢を多め

に混ぜて水で稀釈したものを噴霧したのですが、2日ほどで効果

が出てきました。
画像
白く粉を吹いたような葉も改善してきて、新葉には症状が皆無。

毎年何らかの不調か出ると、このパターンで殺菌を試みるので

すが、うどんこ病には穀物酢が特に効くようです。

ここ数年、この時期に半身いちょう病にやられるナスにも予防を

兼ねてスプレーしておきました。(効くかどうかは不明)
画像
家庭菜園では農薬は使えないので、自然農薬で試行錯誤です。


今年のトマトは大玉、中玉、収穫が始まったミニとも概ね順調の

ようで、大玉も1段目、2段目が色付待ちの状況。
画像
画像

中玉のレッドオーレも色づいてきてそろそろ収穫開始です。
画像

レッドオーレは中玉の中では味が濃く、フルティカなどより皮が薄く

ひじょうに美味です。ちょっとまだ早いかなとも思いましたが

収穫してみました。
画像

やはり収穫野菜にトマトの赤い色が入ると夏野菜も本番を迎えた

気分になりますね。

にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

スイカ順調なれどズッキーニはうどんこ病

立体栽培のスイカは、蔓がすでに1.8mの棚の頂上に

届き始めました。現在のところ蔓は元気そのもの。
画像
画像
第一弾の交配分は、ソフトボール大に生長してます。
画像
そろそろネットで吊り下げる時期になりました。

第二弾はピンポン玉大。
画像
画像

雨が少ない年はスイカが豊作だと言われています。

最近はミツバチも飛び始めたので、自然交配も期待でき

そうですが、そろそろ本格的な梅雨に入るようなので、

人工交配を同時併行していかなければなりません。

スイカは浅く広範囲に根を張るので、根から遠い位置に

追肥を施しておきました。


一方、順調に収穫が続いていたズッキーニがうどんこ病

にやられました。
画像
画像

キュウリの場合、軽いうちは草木灰と食酢で改善しますが

ここまでくると厳しいですね。とりあえず食酢と木酢液を

薄めたものをスプレーして2~3日様子を見て、駄目なら

撤去ですね。

昨年のこぼれ種が発芽して勢いを増してるコスモスに

埋もれている残ったラッキョウを全て掘り起しました。
画像



にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

夏野菜の最後の定植、ミニは連続摘芯

昨日は、午前中まで断続的に雨が降っていたので午後から

畑に入りました。ここ数日の降雨で雑草も息を吹き返したかの

ように伸びています。

雑草を刈りつつ、空いた畝に最後の夏野菜を定植しました。

夏の健康野菜モロヘイヤ。
画像
毎年、食べきれずに放置状態になるので今年は2株です。

我が家では、それほど好んで食されないのですが夏の定番

ゴーヤ。
画像

これで夏野菜の定植は最後ですが、脇芽がやたらと伸びた

ミニトマトを連続摘芯栽培に仕立てました。
画像
脇芽を支柱に固定。
画像
主枝を90度折り曲げ。
画像

あとは重みで自然と枝が下向きになります。ミニは樹勢が強く、

すぐに支柱の長さを超えてしまうので連続摘芯が適してると

思います。

今日は「わたしの畑日記」のmoriさんから立派なキャベツを

いただきました。これはでかい。
画像
moriさん、ありがとうございました。

今年もキュウリの大量収穫期に突入したようです。
画像


にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

ジャガイモ完敗

今日は午後から雨になるとの予報だったので、朝のうちに

残っているタマネギとジャガイモの収穫に畑に入りました。

タマネギは例年通りの出来栄えでまあまあってとこで・・・
画像

一方ジャガイモは2週間位前に試し掘りしたものの、今一な

状況だったのであまり期待はしていなかったのですが・・・

予想通り駄目でした。
画像
大きいのもある反面、クズイモも多く、今年のジャガイモは

失敗に終わりました。
画像
画像

敗因は肥料ですね。ジャガイモはイモといっても茎の一部が

肥大したものなので、窒素系肥料を大量に欲するため、例年

硫安を使用するのですが、今年はうっかり昨年のサトイモの

追肥用肥料を元肥に使ったのが間違いだったようです。

特に元肥一発のマルチ栽培なので油断してました。また来年

頑張りましょう。


大玉のつもりで買ったミニトマトは初収穫です。
画像
画像

それにしてもミニトマト5個って収穫の充実感ないですね(笑)



にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

やっとキュウリが量産体制

今年はキュウリの生育が例年より1週間ほど遅れていたのですが

ようやく樹も収穫量も勢いがでてきました。
画像
毎年、キュウリの整枝をしようと思うのですが、今年も断念。

ある程度大きくなると手に負えません。それでも収穫はそこそこで。
画像
画像
画像
これから7月後半まで、毎日5~6本の収穫が続きます。
画像

この雨でウリ科の生長に弾みがついてます。
画像

スイカは毎日4cmくらい蔓が伸びてるようです。
画像

但し晴間がある程度ないと受粉が厳しくなるので雨も良し悪しですが

ジョウロでの水遣りと違い、根の深い部分まで水分が届くので

どの野菜も樹が勢いづいてるようです。

トマトも中玉や偽桃太郎のミニが収穫間近となってます。
画像
画像

明日も雨が降るようですが、残ったタマネギとジャガイモの収穫が

待った無しの状況なのでどうしたものかと思案中です。

にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

夏はネバネバ

やっと雨が降り出し畑の野菜の一息ってとこですが、夏用の

ネバネバ野菜も今のところとりあえず順調です。

オクラは昨年、幼苗のときにアブラムシにやられそうになり

ましたが、今年はセーフ。
画像
葉の裏もきれいなものです。
画像
収穫は7月中旬からでしょうね。真夏の葉巻虫に要注意です。

健康野菜の定番、モロヘイヤは現在育苗中。現状植える

場所がありません。
画像

ツルムラサキは発芽して少しずつ大きくなりつつってとこ。

意外と発芽に手こずりました。
画像
画像
夏のネバネバ系は気温さえ上がってくれば、勢いを増して

くるので幼苗時はいかに虫を遠ざけるかに注力です。

フルーツホオズキに実が付きだしました。
画像


ナスとキュウリも安定収穫期に入ったようです
画像


にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

空梅雨になんちゃって自動追肥給水システム

それにしても雨が降りませんね。

トマトやキュウリ、ナス等の主力野菜の追肥の時期なのですが、

いくら肥料を与えても雨が降らなければ効果はなく、この時期

から真夏使用で対応です。100均の給水キャップ。
画像

これを水と液体肥料を入れたペットボトルに設置してナス等水を

多量に欲しがる夏野菜の根元へ。
画像
画像

3日に1回位、中身を補給それば水遣りや追肥の心配不要です。

但し常に追肥を施している状態なので液肥の濃度は通常の2倍位

に薄めた方がいいと思います。

今日は残ってるニンニクを全て抜きました。
画像
画像
今年もまあまあでした。

先日交配させたスイカが徐々に大きくなってきました。
画像
画像

一雨欲しいところですが、台風3号の動きも危なくなってきてます。

昨年もこの時期の台風で夏野菜がダメージを受け、前半に受粉した

スイカが全滅したりしたのでコースがそれてくれればいいのですが。

にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

エダマメ摘心、偽桃太郎

今年は珍しく真剣にエダマメを育てているのですが、3段目の

本葉がでてきたので、そろそろ摘心時期です。
画像
画像
先端をハサミでチョキンと切り落とします。

エダマメは摘心をすることで、脇芽が出てきて枝数が増加すること

で莢数が増えるとともに、徒長防止にもなるわけです。
画像
画像
大きくなってから摘心した場合、花芽の分化が始まっているので

枝数が増えない場合があるので、本場2~3段での摘心がよろしい

ようです。

ところで今年の大玉トマトは桃太郎8株を、農家も買いに来る信用で

きる種苗店で購入したのですが、なんと8本中3本がミニトマトだった

というマヌケな事態が発生。第1花房からやたらたくさん着果するので

摘果したりしてたのですが、第2、第3花房が開花しても一向に実が

大きくならず、よく見ると葉の形状も異なっていて判明したわけです。

桃太郎
画像

偽桃太郎
画像

店のおばちゃんに文句を言うと悪びれもせず「えっ、お宅もそうだった

の?農家で50株買ったとこでは、半分以上ミニだったのよ」って

大丈夫かよ。

家庭菜園ならお笑いで済むけど、本職にとっては大問題ですよね。

しょうがないので品種も分からないミニトマトを育てることとなりました。

本日はキュウリとピーマンを初収穫しました。初期のキュウリは甘い

ですね。
画像



にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

今年もスイカの交配を開始しました

梅雨入りしたというのに、さっぱり雨が降らず畑はカラカラ。

この時期に生長著しいナスやキュウリは、雨が降らないと

厳しいのでせっせと出勤前に水遣りをしているのですが、

ここ数日でスイカの雌花が開花し始めました。

多少の手取りは必要ですが、蔓も自らネットにからみ、這い

上がりはじめています。
画像
画像
画像
雄花をとって人工授粉です。
画像
画像

本来一番花には着果させない方が良いらしいですが、本格的な

梅雨になると自然着果も難しくなるので保険として、交配させて

おきました。スイカは梅雨明け後の急激な気温の上昇で蔓が一気に

駄目になることがあるので、早めの受粉が懸命です。もう一丁!
画像


先日大きくしすぎた卵型ズッキーニですが、本来はこの位の大きさ

で収穫するするようです。
画像

先日収穫したのも味は別段支障なしでしたが、やっぱりこのくらいの

方が色合いも美味しそうですね。
画像



にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

珍種栽培

今年は卵型ズッキーニを育てているのですが、どのくらいの

大きさで収穫していいのか分からず、ネットで調べるとなんと

6~7cmくらいが収穫時期とのこと。ラベルには、何も書いて

ないんですけどね。さすがタキイだ。

うちのは、時すでに遅しで小玉スイカ並に生長。
画像
画像
直径15cm位あります。完全に収穫時期を逃がしています。

相当な大味になってる嫌な予感。


ところで、一見オクラの花のようなこの花はなんの花だか分かり

ますか?
画像
これはフルーツほおずきの「ビッグオレンジ」という品種の花です。

昨年は栽培途中で枯らしています。

画像
このフルーツほおずきも、これからどのように育てていくかを調べて

おかないと今年もどこかでチョンボしそうです。

珍しい品種は、苗を見つけたときは、意気込んで育てる気が

満々なのですが、夏野菜はトマトだのナスだのメインの野菜の

メンテが忙しいのでどうしても後回しになっちゃうわけで・・・

今年はピーマンが好調です。
画像
画像

ところがキュウリはやっと花をつけた状態で遅れ気味。
画像

全てが上手くいくなんてことは、絶対にないわけですが、そこが

家庭菜園の面白いとこなんですけどね。


にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

ラッキョウ酢の誘惑

昨日、近所のスーパーをブラブラしていて目に入ったのが

ラッキョウ酢、398円。
画像
迷わず購入です。

買ったからにはラッキョウ掘らないと、とのことで植えてある

ラッキョウの半分を掘り上げました。
画像
大きさはまばら。ちょっと早かった感は否めません。
画像
ラッキョウは、種を植えっぱなしで放置してるので仕方ない

ですね。残りはもう少し待ちましょう。後作として二十日大根を

蒔いておきました。
画像

ラッキョウのついでにスーパーで買った中国産のニンニクも4株

収穫してみました。
画像
大きさは十分です。
画像
ホワイト6片の高い種を買わなくても立派な国産ニンニクは出来ますよ。

但しサビ病が発生しやすい冬の間にミカンの皮を株元に置いて

おくことをお勧めします。

ニンニク4株の後作は、つるなしインゲンのさつきみどり。
画像
けっこう長期に渡って収穫できます。

家に帰って、ラッキョウを洗って根を切ってラッキョウ酢に漬けて

みましたが、2週間後に美味しくなるとのこと。

多分2週間以内にはなくなっていると思われます。


にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
<span style=color:#e00>家庭菜園のブログはこちらへ</span>
<a href=人気ブログランキングへ
ポチッと応援よろしくお願いします。

凛々子も着果、ジャガイモはあまちゃんでした。

カゴメのキャンペーンでGETした加熱用トマトの凛々子にも

実が着果しはじめました。
画像
画像
この品種は、芯止まりタイプのトマトということで、背丈は低く、

わき芽は、第一花房の下の部分だけ摘んで、上部のわき芽を

伸ばして花をつけるのだとか。
画像
中玉なのでなんとでもなるでしょうが追肥のタイミングの見極め

がちょっと面倒です。

タマネギが収穫時期にきてるようで、倒状したものから順次収穫を

しています。
画像
タマネギの葉は虫除け用にウリ科の棚に下げときます。
画像

先日、ニンニクもラッキョウも相応の大きさになっていたので調子に

のってジャガイモも1株試し堀りしてみました。
画像
まだ全然でした。

考えてみれば、今年は例年より大分遅くタネイモを植えたので、

ちょっと早すぎました。まだまだあまちゃんですな(笑)

ジャガイモはこれから2週間で現在の倍の大きさになります。

樹の負担を少なくするためにナスの一番果を収穫しました。
画像