テーマ:トマト

凛々子最盛期、ウリ科は世代交代

カゴメのキャンペーンで当選した凛々子の収穫量が上がって きました。定植当初は、幼苗だったので、どうなることはと思っ てましたが、病気知らずの多産系です。 大型の中玉という感じですが、加熱用トマトなので皮が硬めで 雨にあたっても裂果はありません。ひじょうに綺麗なトマトです。支柱もいらず手間無しで収穫量も多いので、お奨め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エダマメ収穫間近、トマトの追肥

毎年カメムシにやられるエダマメを、今年は完全防備で 育てていますが、そろそろ収穫時期が迫ってきました。豆もけっこう膨らんできました。あと4~5日ってとこですかね。エダマメ栽培は、手軽ですが、 売り物になるくらい豆を太らせるには、それなりの手入れが 必要なようです。今年は勉強になりました。 大玉トマトは1段目の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミニトマトの木下ろし

連日35℃以上の酷暑日で、一体地球はどうなっちゃうの的な お天気で少々夏バテ気味。 そんな隙を狙われてトマトがカラスにやられました。今年は、カラスの被害が多いようで、みなさんもそれなりの 防御体制をとられてるようなのですがカラスは賢いですね。 野性的に育つミニトマトの丈が2メートルを超え、先端が支柱より 2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

凛々子初収穫、赤オクラは収穫間近

トマトは、大玉、中玉、ミニの他にカゴメの凛々子という加熱用 のトマトを育ててるのですが、定植も遅かったのですが、やっと 色づいてきました。凛々子はいわゆる芯止まりタイプで背丈は50cm程です。わき芽は一回だけカットして、あとは伸ばし放題という特殊な 栽培方法ですが、けっこう多産系です。収穫してみると、ワックスを塗ってあ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

オクラ初収穫、スイカは袋吊りに

今年は、赤オクラと普通のオクラを混合3本立で育てて いるのですが、数日前から開花が始まったようで・・・現在は、次々と花を付けはじめ、最初の花が結実した ので初収穫。1~2本収穫してもしょうがないですけどね・・・ オクラはモロヘイヤや蔓ムラサキとともに真夏の健康野菜。 夏のドロドロした血液には効果大です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

中玉トマト初収穫、穀物酢は効果大

雨の多い梅雨時は、夏野菜の正念場で、この時期に病気に 罹らなければお盆の前後まで順調に収穫が続くわけですが、 うちの畑では、先日ズッキーニがうどんこ病を発症。 木酢液にニンニクとトウガラシを漬け込み、それに穀物酢を多め に混ぜて水で稀釈したものを噴霧したのですが、2日ほどで効果 が出てきました。白く粉を吹い…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

夏野菜の最後の定植、ミニは連続摘芯

昨日は、午前中まで断続的に雨が降っていたので午後から 畑に入りました。ここ数日の降雨で雑草も息を吹き返したかの ように伸びています。 雑草を刈りつつ、空いた畝に最後の夏野菜を定植しました。 夏の健康野菜モロヘイヤ。毎年、食べきれずに放置状態になるので今年は2株です。 我が家では、それほど好んで食されないので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャガイモ完敗

今日は午後から雨になるとの予報だったので、朝のうちに 残っているタマネギとジャガイモの収穫に畑に入りました。 タマネギは例年通りの出来栄えでまあまあってとこで・・・ 一方ジャガイモは2週間位前に試し掘りしたものの、今一な 状況だったのであまり期待はしていなかったのですが・・・ 予想通り駄目でした。大きいのもある…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

エダマメ摘心、偽桃太郎

今年は珍しく真剣にエダマメを育てているのですが、3段目の 本葉がでてきたので、そろそろ摘心時期です。先端をハサミでチョキンと切り落とします。 エダマメは摘心をすることで、脇芽が出てきて枝数が増加すること で莢数が増えるとともに、徒長防止にもなるわけです。 大きくなってから摘心した場合、花芽の分化が始まっているので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凛々子も着果、ジャガイモはあまちゃんでした。

カゴメのキャンペーンでGETした加熱用トマトの凛々子にも 実が着果しはじめました。この品種は、芯止まりタイプのトマトということで、背丈は低く、 わき芽は、第一花房の下の部分だけ摘んで、上部のわき芽を 伸ばして花をつけるのだとか。中玉なのでなんとでもなるでしょうが追肥のタイミングの見極め がちょっと面倒です。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

トマトの追肥のタイミング

トマトで悩ましいのが追肥のタイミング。 ものの本には第一花房の実がピンポン玉位の大きさになって、 第三花房開花したとき、などとなっていますが、株間が狭いので 成長度合が違う株ごと個別に追肥もできないわけです。 大玉は、第一花房開花時にすべてホルモン処理したのにもかか わらず、着果状況がマチマチです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尻腐れを防ぎ、かつトマトを甘くするには・・・

トマトの尻腐れは雨の降った翌日、晴天になり急速に生長が高まった 時にカルシウムの流れが殆ど葉に集中し、実へのカルシウムの移行 が僅かとなった時に発生すると言われてます。それを防ぐためには、 事前に第一~第三花房が咲いたときにカルシウムを補給するのが 良いとのことで今年もカルクロンの出番。粒上のカルシウムを溶かして…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

トマト着果、エダマメを播種

最近の雨と温暖な気候のおかげで野菜の生長も急ピッチ。 トマトが次々と着果しはじめました。 ズッキーニも開花しました。 一方、キヌサヤとスナップは花が咲かなくなって終了間際。 エダマメは、毎年カメムシにやられ放題で今年は止めようと 思ってたのですが、久しぶりに観た先日の野菜の時間に 感化され今年もやることにしました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トマトのホルモン処理を開始

ここ数日、横浜港に大型客船が続けて入港するとのことで、 全然興味はなかったのですが、誘われるままに出勤前に 見にいってみました。これは8日に入港したボイジャーオブザシーズという船で なんと高さが高いのでベイブリッジをくぐれず大黒埠頭に入港。 続けて10日には、ダイヤモンドプリンセスという三菱重工製の 大型客…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏野菜消費にはカレー

まだまだ暑い日が続いてますが。先週末から天気も不安定 で、畑の方もようやく一服。葉が日焼けしていたサトイモも元気を取り戻したようで・・・秋ナスがようやく調子がでてきて、ピーマンは絶頂期。 最近はがさばるクウシンサイやモロヘイヤの収穫もあるので 冷蔵庫が一杯で、夏野菜カツカレーで大量消費。 カレー本体にトマト、ナス、ピーマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カボチャ棚最盛期、トマトは最後の頑張り

今日から東電管内は電気料金が値上げされ、10月からは、 環境税の導入で、ただでさえ上がっているガソリン代もアップ。 来年の1月からは復興増税で所得税、再来年からは住民税と 消費税、当然社保も上がるわけでやってられませんな。 せめて野菜でもたくさん作ってエンゲル係数を下げて生活防衛 をしないと大変な時代です。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

残暑厳しすぎ、トマトも終盤

お盆が明けてからというもの、連日の猛暑でグダグダ。 涼を求めて丹沢方面へお食事に。。ここは、七沢温泉のちょっと奥の広沢寺温泉という 一軒宿の隣にあるのですが、川魚料理がリーズナブルに 楽しめます。渓流沿いのテラスでノンビリできます こんにゃくの刺身とキャベツ太郎ニジマスの唐揚げイワナの塩焼き魚は注文毎に生簀から引…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ドライトマト作りとブロッコリーの育苗

今年は米国やロシア、インド、ブラジルでも大干ばつで 穀物の国際取引価格が急上昇。穀物の大部分を輸入で まかなっている我国も当然影響を受けるわけで、小麦粉、 醤油、植物油や納豆なども秋から来年にかけて相当の 値上げが予想されます。 食肉用の飼料も高騰するので精肉の価格も跳ね上がる でしょうから、ささやか…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

サトイモに最後の追肥と土寄せ

残暑お見舞い申し上げます。 お盆休みなのですが、暑くて畑に行く気がしなく、 あちこちプラプラしてました。 夏真っ盛りです。 それでも朝晩は、秋の気配が漂ってきてまして… うちの畑も秋作の準備をしなくてはと思いつつも、 なかなかやる気もでず、とりあえずサトイモに 最後の土寄せと追肥をしました。マルチをはず…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トマトベリーグランデ、夏場のニンジン

6月の初旬に、近所のスーパーで売れ残った298円の トマトの苗が98円になっていたので衝動的に買ったのが トマトベリーグランデという変な名前のトマト。とりあえずピーマンの横に植えといたのですが、けっこう 実をつけてきました。よく見るとイチゴのような実の形。 だからトマトベリーという名称なのね。 うちの畑の作…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ナスのダニ退治、カラス対策。

ここ数日、7月とは思えない気温です。酔っ払って居間で 朝まで寝てしまうこと数日。思い切り夏風邪をひいてしま いました。まあ、自業自得なのですが… ナスは順調が収穫に収穫時期に入ってますが、実も 葉もところどころダニの肥大が。放っとくと、気温が上昇したときに、被害が増大する ので、ストチューに洗剤と植物油を混…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スイカに巾着、甘熟むすめは割れやすい

中玉トマトは、フルティカと国華園の甘熟むすめを 育てているのですが…左のお尻の尖ってるのが甘熟むすめ。 大きさも味もほぼ同等なのですが、雨後の裂果率は 圧倒的に甘熟むすめの方が高いようです、同条件下で育ててるフルティカは裂果はゼロ。品種を選ぶときは、甘い言葉に誘われては駄目ですね。 ところで空中栽培のスイカがだい…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

スイカ再着果、大玉トマト初収穫

それにしても毎日うっとおしい天気ですね。 今日も降ったり止んだりなのでちょっとだけ キュウリの収穫に… 台風で落果したスイカに先週から花がつき、 土日に受粉した分がソフトボール大になって きました。明日あたりから次のピークが来そうなので、 再度受粉ができればいいのですが。 大玉のももたろうがボチ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

メークイーン収穫、連続摘芯栽培のやり方

台風の影響でメークイーンの葉も全て枯れたので 最後のジャガイモ掘りです。 でかいのがゴロゴロでてきます。 1個500g以上のジャガイモばなれしたのも… ジャガイモは根菜ではなく、茎葉菜なので、リン酸系肥料 よりも窒素系の即効性の肥料が功を奏するようです。 有機肥料では間に合わないので、畝立てして硫安だけ 入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

台風被害は・・・

昨晩の激しい風雨、これはかなりの被害か?と 出勤前に畑に行ってみると予想通り… Sさんのキュウリ棚 kさんのトウモロコシ。これは強いから立ち直る でしょう。 うちのキュウリ 大きくなるつつあるスイカが無残な色に トマトも一本ポッキリと 時間もないので被害の大きいキュウリの駄目に なった葉をカ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

台風接近中、こりゃ野菜には厳しいね!

横浜では現在、突風と猛烈な雨。 風で棚が壊れたりするのも困りますが、問題は 海風。うちの畑は海から10キロ以上内陸に位置 してますが、昨年の台風でナスが塩分を含んだ 風雨で駄目になってます。、台風の後は真水を ジャンジャンかけて葉や茎を洗っておいた方が いいですよ。 フルティカが色ずいてきま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

トマト3様、連続摘芯栽培へ

幼苗を植えたので生育が遅れてたトマトですが 今年は2花房ごとに主枝を適心して脇芽を伸ばす 連続摘芯栽培で仕立てていこうと思ってます。 今年のトマトは3種類。 桃太郎 フルティカ 完熟娘 1本仕立てで育てていると大玉は上位花房が 大きくならないし 中玉は背丈ばかり伸びて 裂果が多くなってくるのです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トマトにカルシウム補給、スイカは受粉へ

今年のトマトは幼苗だったため1~2週間生育が遅れ 気味でしたが、桃太郎が病気で一株駄目になったこと 以外は、比較的穏やかに生長しています。 トマトの尻腐れのメカニズムは、雨が降った日の翌日 が晴天の場合、急速に生長が高まってカルシウム分 の流れが葉に集中し、実への補給が僅かになるため に発生するとのこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トマトが病気に…

今年は樹が暴れず 穏やかに生長してきたトマト なのですが「なにこれ?」 大玉のホーム桃太郎が1株病気のようで葉の裏 がカビっぽい…ヤバッ トマト黒斑細菌病のようでもあり、トマト疫病に 見えなくもなく、アンモニアガス障害のような気も しますが、いずれにしても早目に処分しないとね。 今朝のニュースで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

自然農薬のつくり方と使い方

そろそろ虫の活動も活発化してくる季節なのですが 農薬は使いたくないので、ニンニクやトウガラシ、焼酎 木酢をブレンドしたものを薄めて使っているわけです。 しかしながらアブラムシ以外に対する効能が不明で 作り方も適当なので、今年は真面目に取り組もうと思い 「自然農薬のつくり方」と使い方」という本を買ってみました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more